大切な人が亡くなったら行う葬儀について|慌てずに見送り方を選ぶ

お世話になった僧へお礼

ウーマン

金額に決まりはない

お葬式でお世話になった僧侶へのお礼は、一般にお布施と呼ばれています。布施とは他人に施しを与えるという意味ですが、もともとは金品だけでなく教えを説き示し、不安や恐れなどを取り除いてあげるという心の面での施しのことも指した言葉で、僧侶の大切な修行の1つでもありあます。そして仏教信者の方からは僧侶やお寺に金品を寄進する行為がお布施となるわけです。お布施の金額の相場には、はっきりとした決まりはありません。地域や宗派、葬儀の規模などによって異なります。最近はお経料、戒名料として納める場合が多く見られます。そこで葬式をお願いした寺といくら包めばよいか相談してもかまいませんし、遺族間でよく話し合って決めることが一番よいでしょう。

渡すタイミングは

お布施を渡すタイミングは、お葬式を菩提寺に依頼した場合は精進落としの後か、葬式の後、寺へお礼の挨拶に伺った際、一括して渡す場合が多いようです。また、火葬場への同行を頼まなかった場合、告別式の後控え室で渡します。お布施の包みの表書きは「御布施」「御経料」などです。「戒名料」は別に包むのが一般的ですが、お布施に含める場合もあります。一括して黒白又は銀の水引で結び切りの奉書紙に包むか、または不祝儀袋を使用します。渡す際には、お盆などに載せて渡すのが正しい作法とされています。お盆が用意できない場合は、袱紗などに包んで渡してもマナー違反ではありません。お布施を直に床や畳に置くのは失礼なことですから注意しましょう。