大切な人が亡くなったら行う葬儀について|慌てずに見送り方を選ぶ

お世話になった僧へお礼

ウーマン

お葬式には、お経を読み上げるため僧侶が来ます。僧侶にあげるお礼は、お布施を気持ちとして渡します。お布施には渡すタイミングなどもあるので、失礼がないようにしましょう。

心身ともに負担が減る

メンズ

家族葬は規模も小さくて済むので負担が減ることは確かです。しかしその分参列できなかった人のことも考えるという作業が増えるということは頭に置いておき、本当に家族葬で問題はないのかを改めて考えることも大切です。

沢山あるメリット

男性

家族葬は最近普及している葬儀スタイルです。家族だけで葬儀をする家族葬なら、普通の葬儀よりも安くできます。柏原市にも宗教や宗派を問わず家族葬ができる公営火葬場があります。柏原市の居住者であればお得な利用料金です。

業者選びと支払い

葬儀

業者を選ぶ

葬儀社によっては病院と契約している業者がいます。その業者に葬儀を依頼しても良いですが、他の業者に頼んでもかまいません。例えば福岡の病院で亡くなった場合、ご遺体の処置から福岡の自宅への搬送までを病院出入りの業者に依頼し、あとの葬式一切を他の業者に依頼しても問題ありません。葬儀社は葬式のプロであり、依頼すれば準備から進行までを全てを請け負ってくれます。それだけに業者選びは注意が必要です。自宅に近い地域の葬儀社は地域の各種事情に詳しいということもあり、色々とメリットがあります。寺院、斎場での葬式は、出入りしている葬儀社に頼むと慣れているのでスムーズでしょう。また、費用を抑えたい場合は自治体の設けているるシステムを利用することも可能です。

料金にはランクがある

福岡での葬式にかかる費用の主なものは、葬儀社への支払い、お寺へのお礼、通夜ぶるまいや精進落としでの飲食代などがあります。葬儀社への支払いは、葬式一式をセットにしたセット料金になっていて、セットにはランクがあります。このランクは、お棺の材質や装飾、祭壇の段数や飾り方、霊柩車の等級などで、ランクづけされます。葬儀社との一番初めの打ち合わせでこれらのランクが示されます。どのランクを選ぶかは予算を考慮して決めましょう。葬儀社のサービスとセット料金以外に、喪服の貸し出しなど別料金が必要になることもありますから、その点も確認して料金の見積もりを出してもらいます。予め予算を伝えて福岡の葬儀社と相談するのもよいでしょう。